福岡に6年間住んだ男が選ぶベストオブとんこつラーメン1選:味心(あじしん)

日常

こんにちは!はびぃです。

筆者は大学と大学院の6年間、福岡市の大学に通っていました。6年間で食べたラーメンは300杯は超えていると思います。6年間で1番足しげく通った最強に美味いラーメンを今日は紹介します!

味心(あじしん)

JR博多駅から鹿児島線に乗って南へ3駅ほどにある、JR南福岡駅。そこから徒歩5分の場所にそびえ立つのが、福岡最強のとんこつラーメン屋、「味心(あじしん)」です。

いまや福岡の繁華街といえば中洲、というイメージですが、ここ南福岡駅近くは、中洲が旺盛する前からある古豪の繁華街だそう。

とんこつしょうゆラーメン650円

さて、ここ味心のメインメニューはとんこつしょうゆラーメン650円。筆者はこれしか食いません。「ラーメンカタで」の一言で注文を終わらせると、体感としては10秒くらいでテーブルにラーメンが運ばれてきます。(実際は2分くらい)

見た目は少し透き通ったとんこつスープに細麺ストレート。大きめチャーシュー2枚に、ネギが乗っているだけのシンプル博多ラーメン。奥深いとんこつの香りに醤油の香ばしさも感じる。

スープを一杯すすると、全く嫌味のないとんこつの風味。濃厚なのに口にまとわりつかない絶妙なバランス。あぁ今おれに博多の風が吹き、もはや福岡という街そのものを飲んでいると錯覚する。

もう我慢の限界なので、一気に細麺をかきこむ。心地よく芯の残るカタ麺、小麦粉の香りが鼻から抜ける。

厚めチャーシューも頬張れば、口内のフクオカボルテージは最高潮に。エクスタシーを迎えます。

エクスタシーに達しているため、正直食べているときの記憶はなく、気づいたときには替え玉カタ麺を高らかに宣言している自分がそこにいました。

替え玉は体感3秒(実際は1分くらい)で出てきて、スープの味が薄くならないよう特製のタレがかかっています。その名も「ラーメンのタレ」。そんな都合のいいタレがこの世にあったんけ!と思いました。そのタレくれ!

これは筆者独自の食べ方なのですが、替え玉が運ばれてきたら、一口目はスープに浸っていない部分の麺をそのまま食べます。ありのままの細麺ストレートをいただくことで、麺へのリスペクトを示します。いつもありがとう。

替え玉もサラサラと平らげてしまい、2回目の替え玉は迷ってだいたい頼みません。ご馳走様でした。

おわりに

みなさん博多に行った際は、南福岡まで少し足を伸ばして、ぜひ味心のラーメンを堪能してください!ちなみに、福岡空港からタクシーだと20分くらいで着きます。

ボンボヤージュ!(良い旅を!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました