つくばで絶対に行くべきイタリアン、パン屋、カフェの3選!

日常

こんにちは!はびぃです。
今回は私が3年間住んだ、茨城県つくば市で絶対に行ってほしい飲食店を紹介します!

秋葉原とつくばを繋ぐ、つくばエクスプレスの開通によって都心からのアクセスも抜群によくなっているつくばが、今熱いのです。

老舗イタリアン「チムニー」

最初に紹介するのは老舗イタリアン、「チムニー」です。つくば駅から車スで10分程度。オフィシャルサイト→https://web-ghiotto.wixsite.com/ghiotto

外観は古い洋式の大きめなおうちで、歴史を感じます。ぱっと見古そうに見えますが、中はとてもきれいに保たれていて、クラシックなイメージ。椅子や机からも老舗の経験値を感じます。

メインメニューはパスタとピザ。おすすめはじゃがいもとベーコンのパスタ(通称じゃがべー)と、
プッタネスカ(トマトベースのアンチョビ、ブラックオリーブ、ケッパーのパスタ)です。

じゃがベー:ブイヨンベースの深みのあるスープに、大きめのじゃがいもがゴロゴロ。ベーコンたっぷり、という感じです。寒い冬に食べるじゃがべーは雪山遭難中の小屋ぐらいホッとします。意外とボリューミーです。

プッタネスカ:私はケッパーが大好きで、ここのプッタネスカはケッパーが一番おいしく食べられるパスタだと思っています。トマトベースの酸味の良さを最大限にしてくれるケッパー、それとアンチョビの塩味が相性抜群です。ご賞味あれ。

お値段はどれも単品で1000円前後といった感じ。安くはないですが、お店の雰囲気も含め1000円以上の価値が十分ある名店です。

実力派カフェ「コーヒーファクトリー」

パスタを食べたあとはおしゃれなカフェで一息としましょう。

つくば市の洞峰公園近くにあるコーヒーファクトリーです。

オフィシャルサイト→http://coffeefactory.jp/
その名の通り、世界中のコーヒー豆が購入できて、カフェも併設されているので豆ついでに1杯でも、カフェオンリーでも豆オンリーでもOKです。実は私はこのコーヒーファクトリーのすぐ近所に住んでいたのですが、お店では午前中に豆を焙煎しているらしく、コーヒーのいい香りがマンションにも漂ってきて最高です。

店内にはコーヒーを入れる世界選手権(?)の表彰状がたくさん並んでいて、コーヒーに関してはかなりの手練れがいらっしゃるようで実力は折り紙付き。

豆の種類はたくさんありますが、普段は日替わりの「本日のコーヒー」をよく頼んでいました。個人的には酸味が少なくて苦味が強いコーヒーが好きなのですが、ここではその時のタイミングでお店がおススメしてくる「本日のコーヒー」を素直に頂いてました。本日のコーヒーの豆の種類も教えてくれるので、「あっ、この豆好きかも」と思ったら買って帰ることもできます。とにかく上質なコーヒーが頂けるコーヒーファクトリーへぜひ。

お値段はだいたい300~400円前後とカフェでは通常の価格帯です。雰囲気も最高です。

贅沢パン「クーロンヌ」

最後は、みんな大好きおいしいパン屋さんの紹介です。

つくば、実はパンの激戦区で、おいしくておしゃれなパン屋さんの戦国時代。その中でもつくばに3年住んだ私が選ぶベストオブパン屋さんは「クーロンヌ」です。
オフィシャルサイト→https://www.couronne.co.jp/

つくばエクスプレス「つくば駅」から車で10分くらい。

どのパンもハイクオリティでおススメなのですが、1個だけおすすめを挙げて!と言われたら、間違いなくカレーパンですね。380円くらいで、外カリカリ、生地モチモチ、お肉ごろごろスパイシー!なカレーパンが食べられます。いわずもがな焼きたてが最高ですが、焼きたてでなくても十分うまい、偏差値高すぎカレーパン。これまで知人には紹介してきましたが、だれもかれも「今まで食べたカレーパンでいちばんうまい」の食レポで使い古されたセリフを叫んでいました。これはホントです。

あと、店内入り口に無料のコーヒーのセルフサービスがあります。こういうのちょっぴりほっこりうれしい。もちろんパンと一緒に持ち帰ります。

ほかのパンも、クオリティがとにかく高いのでぜひ一度足を運んでみてください!!
たまにはリッチな朝食をいかがですか!?

まとめ

つくばといったら宇宙センターや研究所のイメージですが、今回紹介したもの以外にも、実はラーメン激戦区でもあって、意外にグルメな街のようです。
都内からだと常磐道を使って車でも来やすいです!緊急事態宣言も解除されるいま!ぜひお越しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました