日本学生支援機構の奨学金を繰り上げ返済した話

家計

こんにちは、妻のメミィです!
今日は大学・大学院時代に借りていた奨学金を、社会人になって繰り上げ返済した話をしたいと思います。

日本学生支援機構奨学金とは

憲法、教育基本法に定める「教育の機会均等」の理念のもと、経済的理由で修学が困難な優れた学生等に学資の貸与及び給付を行っています。 [–JASSO引用]

JASSO のHPに載っているとおり、家庭の事情で学費を払うことが難しい学生さんが無利子、もしくは低利子でお金を借りること、または給付(返済なし)を受けることができる奨学金です。

奨学金の種類

日本学生支援機構には奨学金の種類がいくつかあります。
その中でも私が借りていたのは、「 第一種奨学金(無利子)」と「第二種奨学金 (有利子)」です。

わたしには姉が2人おり、どちらも私立の中高大に通っていました。
そこまで裕福な家庭ではなく、それなりにかつかつで、大学に行くなら奨学金を借りようと母親とは話をしていました。もちろん姉二人も日本学生支援機構の奨学金を借りていました。

両親が晩婚だったこともあり、わたしが20歳のときに父が早期退職したため、奨学金申請をするときは案外すんなりと、第一種奨学金および第二種奨学金が通りました。ラッキー!

奨学金の金額

大学時代
 第一種:月5万貸与 4年間の合計 2,430,000円
 第二種:月8万貸与 4年間の合計 3,840,000円
大学院時代
 第一種:月5万貸与 2年間の合計 1,200,000円 →600,000円※

計算してビックリ。なんと7,470,000円借りていました…。

※なお、大学院時代は論文・学会発表など大学に基準を満たせば奨学金が全額免除もしくは、半額免除になるとの噂を耳にしたので、担当教授に相談してなんとか「半額免除」を勝ち取りました。わーい!

毎月の返済額

第一種:10,125円/月(240回払い)+8,333円/月(53回)
第二種:17,881円/月(240回払い)(年利率1.08%)
(初月と最終月は金額が変わります。)

毎月36,339円の返済が社会人1年目5月からスタートしました。
当然貸していただいたものなので、きっちり返さなくてはなりません。この返済したお金が今の学生の支援になっているのです。決して踏み倒してはいけません。

実家暮らしということもあり、返済をしながら生活はできていました。しかし、家を出て一人暮らしを考えたときに毎月4万円ぐらいの固定の出費は痛い…。東京の家賃高い…。生活できるのか?と不安でなりませんでした。
インターネットで「東京 一人暮らし 女性 生活費」なんて調べて、これじゃ毎月赤字やん!と震えていました。これはなんとかせねば!!

ひとり暮らし実現のため、固定費となっている奨学金を返済することを決意しました。

繰り上げ返済手順

いまは、日本学生支援機構のスカラネット・パーソナルというページからや繰上返還の申込ができます。郵送・FAXでもできますが、今回はネットでの方法を紹介します。
スカラネット 転居・改姓・勤務先変更等の届出もできるので、登録しておくと便利です。
ただし、ログインには奨学生番号がいるので、返済手続きの関係書類は破棄しないようにしてくださいね!

トップ - スカラネット・パーソナル
  1. スカラネットにログインして、各種届願・繰上タブを選択します。
  2. 「各種手続き用メニュー」からワンタイムパスワードの取得します。
  3. 登録してあるメールアドレスにパスワード生成URLが届きます。
  4. 送られてきたメールに記載されているURLをクリックして、ログインします。
  5. ワンタイムパスワードが発行され、もう一度メールが届きます。
  6. 「各種届・願出・繰上返還 ログイン」より先ほど送られてきたワンタイムパスワードと画像の英数字を入力して送信ボタンをクリックします。
  7. 「各種届・願出・繰上返還 種別選択」より「3. 繰上返還申込」の次へをクリックします。
  8. 「繰上返還申込 誓約」より【確認事項】(奨学生番号)を確認して問題なければ、「はい」を選択。【誓約事項】に目を通して、名前を記入します。
  9. 「繰上返済申し込み」から全額免除と一部免除のどちらかを選択します。
  10. 繰上返還可否を確認して、返済したい奨学生番号を選択します。
  11. 申し込み方法を選択します。
    繰上金額指定の場合は、金額を記入してください。
    繰上回数指定の場合は、回数を記入してください。
  12. 振替用口座(リレー口座)を確認して確認画面に進んでください。
手順8
手順9
手順11

実際に繰り上げ返済した金額

わたしはこの繰り上げ返済を社会人1年目、3年目のときの2回行っています。

1年目のときは、大学独自の給付型奨学金、バイト代、祖母からの就職祝いがあったので、約200万円を繰り上げ返済しました。私大は意外と独自の奨学金(後援会など)があるので、学生課に聞いてみてください。わたしは、学部と大学院で合計140万円ほど給付でいただきました。

3年目のときは、コツコツ貯めた給料、ボーナスで第2種の残り全額約160万円を繰り上げ返済しました。

こんな人におすすめ

  • 第2種奨学金を借りている人
  • 生活防衛費以上に貯金がある人
  • 毎月の固定費を減らしたい人
  • 実家暮らしの人

今回は日本学生支援機構の繰り上げ返済についてお話ししました。
わたしの場合は実家暮らしで貯金があったので、毎月の引き落としに落ち込むことが減り、繰り上げ返済してみてよかったと感じています。

ただ、繰り上げ返済は絶対にした方がいいとは思ってはいません。焦って繰り上げ返済をして苦しい生活をするのであれば、低利子なのでゆっくり返済した方がよいと思います。

少しでもみなさまのご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました