JALのどこかにマイルを実際に使ってみた!果たして行き先はどこに!?

国内旅行

こんにちは!はびぃです。

筆者は4年前に就職してからJALカードをメインのクレジットカードにしていて、マイルを貯め続けています。

結婚式の支払いもあり、現在JALマイルは60000マイル(普通に使えばだいたい6万円くらいの価値)近く貯まっていました。

そろそろ有効期限を迎えるマイルも出てきたので、何に使ってやろうかとえんぴつを舐めまわして考えていたところ、個人的にはおそらく還元率MAXではなかろうかと思う「どこかにマイル」を見つけました。

今回はその「どこかにマイル」を利用した様子を紹介したいと思います!

「どこかにマイル」とは

JALカードで常時実施されているキャンペーンで、ランダムに選ばれた4つの国内候補地のどこかに、なんと一人あたり往復6000マイルで行くことができます。

どれくらいお得かというと、例えば羽田 – 沖縄間を通常マイルを使って予約した場合、往復で15000マイルくらいなので、超破格であることがわかると思います。ありがたい。

さっそく予約

出発する空港(今回は羽田空港の例)と日時を入力すると、こんな感じで4つの候補地が出てきます。

今回は例として秋田、出雲、岡山、帯広が出てきました(おいしそう)

おそらく、まだ座席数に余裕のあるフライトがランダムで出てきているのだと思います。

どこも行ったことあるわー、とか、地元やんけ、という場合は、この画面を更新すると新たな4つの組み合わせが出てきます(1日の更新回数に上限あり)。

そもそも4つしか候補地がない場合は、その4つしか出てきませんが、今回はもうちょっと候補地があったのか、こんな感じになりました。

徳島、札幌、出雲、広島。出雲はさっきと同じでした。温泉入りたい。

旅行先決定!

結局、われわれが申し込みをした組み合わせは、下の通りでした!15回くらい更新してようやく出会えました。

  • 徳島(四国行ったことない。渦潮は見たい。)
  • 出雲(行ったことない。何回更新しても出てくるし、もう可愛いので採用。)
  • 大分(行ったことはあるけど、お願いもう一度行かせて。)
  • 高松(四国行ったことない。うどんは食いたい。)

申し込みの翌日にメール連絡がきて、厳正なる選考の結果、、、





「徳島(徳島阿波おどり空港)」に決定!!!

ホンネはちょっとだけ大分に期待していた!
それでもいい、それでもいいと思える4択だった。

どこかにマイルのメリット

必要なマイルが少ない

例えば、羽田-徳島間で航空券を買おうとすると、往復で60,000円くらいかかってくるので、単純に今回消費した6000マイルで割ると、1マイルあたり10円の計算になります。
通常1マイル1円として使った場合の10倍の価値ですので、超お得と言ってよいでしょう。

旅行先の候補を勝手に出してくれるので「次どこ行こう」と考える必要がない

漠然とどこか国内旅行行きたいネ、と思っている方は、ランダムにえらんでくれるどこかにマイルさんがうってつけです。決まったあとに何があるんやろか!?と調べる時間もまた楽しい。

どこかにマイルのデメリット

旅行先を1つだけ選ぶことはできない

ここに行きたい!という方には不向きかと思います。4分の1の確率で賭けてみるというのもおもしろいですが。あんまり期待していないけど、、という選択肢が意外と良かったりするのが人生です。

では次回は徳島旅行についても報告したいと思います~!それでは!

JAL | どこかにマイル
日本の魅力、再発見!行き先はお楽しみ、マイルをつかってどこかに行こう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました